オートファジーって何!?解説します。

様々なダイエットは糖質制限ダイエットや脂質制限ダイエットがベースにはありますが、その派生系の果物ダイエットやお肉ダイエットなどが考案されるなど、今では世の中に数多くのダイエット法が存在しています。基本的にはどれも糖質制限か脂質制限を原理原則とした手法なのですが、新しい概念として生まれたのがオートファジーというプチ断食ダイエットになります。気になっている方も多いと思うので、今回はオートファジーついて徹底的に解説していきます。

オートファジーとは何か

東京大学出身の理学博士である大隅良典先生が「オートファジーの仕組みの解明」で2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞したことで一気に知名度をあげました。オートファジーは細胞が持っている細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つです。日本語では”自食”といわれ、細胞内で不要になったものを分解する機構のことを指します。しかしまだまだ未解明の部分も多く、今後の研究に期待されているのですが、ここでは分かっている範囲でお伝えできればと思います。

オートファジーの役割

オートファジーは細胞内で不要になったもの、劣化してしまっているもの、利用できないタンパク質などを分解して再利用できる形に変えたり、排出したりする役割を持っています。自食作用ともいわれ、古くなったものを新しく生まれ変わらせ、新陳代謝を進行させて美容やアンチエイジング効果に期待できます。また、脂肪が分解されてエネルギーとして使われることも促進するためダイエット効果も期待されておりとても注目されております。

オートファジーを発動させるには

オートファジーは、人間がストレスを受けていても生きていけるように組み込まれた体内システムです。飢餓状態がトリガーとなっており、食事を摂らないことで発動します。特に時間的な決まりはありませんが、よく実施されているのは16時間のプチ断食といわれる方法です。1日24時間の内の8時間を食事時間、16時間を断食時間と設定します。例えば夕飯を18時に食べたらそこから16時間後の翌朝10時まで断食をし、その日の18時までに食事を終わらせます。最後に食事を摂ってから12時間前後でオートファジーが発動するといわれているため、4時間で体内の細胞の新陳代謝や脂肪燃焼が進みます。しかし2~3日でオートファジーの効果はなくなるといわれているので、長くしても意味がないことも考えられます。

3行まとめ

劣化した細胞を復活させてくれる

劣化した細胞を排出してくれる

脂肪を燃焼してくれる

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。