ネガティブな自分にさよなら!ビタミンDの効果とは

ビタミンDの効果

骨を丈夫にする
ビタミンDは肝臓や腎臓を活性化させ、カルシウムの吸収を良くする働きがあります。これにより血中のカルシウム濃度が上がり、骨折、骨粗鬆症などの予防が出来ます。

免疫力が付く
ビタミンDは免疫機能を調節できる働きがあり、風邪やインフルエンザなどのウイルスに対し、必要な免疫機能を作ります。そのため感染症などの予防になります。

ビタミンDはどうやって得られる?

ビタミンDはカラダの中で生成することが出来ないので食品から摂取する必要がありますが、人間は日光を浴びることにより80~90%を体内で生成することができます。なので日光を浴びることは人間にとって重要なので、日中意識的に外出することをオススメします。

もし食事から摂取したい場合、ニシン、イワシ、マグロ、サバなどの魚類や椎茸やマッシュルームなどのキノコ類に含まれています。 

ビタミンDが不足すると・・・

アメリカの研究でビタミンD不足はうつ病のリスクを上げるということが明らかになったようです。米軍で実施された調査によると、ビタミンD不足でない人がうつ病を患っている割合は約4%だったのに対して、ビタミンD不足の人がうつ病を患っている割合は20%を超えてたようでした。この結果はビタミンD不足とうつ病の相関関係をはっきり示した数値になります。

ビタミンDは脳内の神経伝達物質であるセロトニン、ドーパミンの合成を促進させるため、精神活動に大きく影響します。

3行まとめ

・骨を丈夫にする

・免疫機能を調節してくれる

・ビタミンDが不足するとネガティブになりやすい

ビタミンDが摂れる商品

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。