ファスティングって何!?ファスティングの方法、メリット、デメリットについて徹底解説!!

最近、ダイエッター、健康、美容意識が高い方々が”ファスティング”や”断食”という言葉を使っているのをよく見かけます。「ファスティングして肌荒れが改善した!!」や「断食したら宿便が出た!!」など、様々な感想を耳にすると多いますが、メリット・デメリットを正しく理解していない人も多いのではないでしょうか。今回は、ファスティングをするか悩んでいる方が、しっかりと自分で判断ができるように徹底解説していきます!! 

ファスティングって何!?

ファスティングと呼ばれることが多くなりましたが、”断食”や”絶食”のことを指します。”断食”や”絶食”は宗教的な行為や修行といったイメージが強いので、新しく”ファスティング”というカジュアルな使われ方が広がったのだと推測されます。今でも宗教上の行事とし、断食は多くの国や人の間で行われていますが、この記事では「セルフケアを目的で行うファスティング」について書いていきます。

ファスティングの方法

ファスティングには様々な方法がありますが、一番知名度の高い”ファスティング方法”について説明します。ファスティングには3つのステップがあります。
①準備期間
和食(まめ、ごま、わかめ、いも、きのこ等)を基本に、高脂肪・高タンパクの食材を避ける食生活を2日ほど続けます。
②ファスティング期間
ビタミンやミネラルを含んだ酵素ドリンクや良質な水を、常温で1日10回以上に分けて2リットルを目標に飲みます。これを1日,3日,5日など設定して、ファスティングを行います。
③回復期間
ファスティング後の食事は少量にして、お粥や具なしのお味噌汁を時間を掛けて食べます。2日目以降は準備期間で紹介した和食(まめ、ごま、わかめ、いも、きのこ等)をお粥に加えて、少しずつ食事の内容を戻していきます。回復期間はファスティング期間の長さによって設定します。

ファスティングのメリット

①体内の汚れを浄化する
②腸内環境を整える
③脳が活性化する
④五感が研ぎ澄まされる
⑤胃が小さくなり、少食になる
⑥ダイエット効果がある
⑦当たり前になった”食”に感謝できる

その他にもたくさんあるかもしれませんが、ファスティングに関しては国内外で多くの疑問や否定的な意見があります。一つの意見として、高須幹弥さんが”YouTube”で面白い見解を述べているのでご覧ください。
ファスティングはダイエット効果ありますか?健康や美容にいいですか?①/2

ファスティングへの反対意見

①飢餓状態になる
ファスティングは栄養失調となり体重が減るだけで、筋肉も減ってしまいます。ダイエット効果があるのはファスティング期間中だけで、終わると太りやすい体質になってしまいます。
②腸内環境が悪くなる
胃や腸を休めることが体に良いという事実はありません。また、腸にタンパク質や脂質などの栄養が入ってこなくなると腸内細菌の餌がなくなり、死んでしまいます。それが数日後に黒い便として排出されます。(多くの方は黒い便を宿便と思っており、腸内がキレイになったサインだと思っているようです。)
③脳の活性化について
脳のエネルギー源が糖質からケトン体に変換されて起こる症状だといわれています。これはファスティングをしなくても糖質制限で可能な上に、良質な脂質を摂るとファスティングより健康的かつ短い期間で脳が活性化します。
④酵素ドリンクを信じるな
酵素ドリンクに大きな期待はしない方が良いです。酵素ドリンクを飲んでも胃腸でアミノ酸に分解されるだけなので、意味がないといわれています。

ファスティングに関する総評

行う人や目的にもよりますが、結論、ファスティングは人にオススメできるようなセルフケアではないかもしれません。やる、やらないは人の自由ですが、ファスティングだけで健康や美容の効果が得られるというのは難しいと考えられます。

3行まとめ

①ファスティングは必ずしもオススメはできない!!

②ファスティング以外の方法ってないのか!?

③酵素ドリンクは信じすぎるな!!

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。