現代人にこそ必要なマグネシウムの効果を知ってますか?

ビタミン・ミネラルを意識して食事、飲み物、サプリメントから摂取している人は多いと思いますが、ビタミン・ミネラルを構成する微量栄養素についてしっかり理解できている人は多くありません。コンビニや薬局などで分かりやすく「レモン◯個分のビタミンC」や「牛乳コップ1杯分のカルシウム」などの商品は何となく気になって手に取ったりするかもしれませんが、マグネシウムのことを気にしている人は少ないように思います。現代人にとっては非常に大切な栄養素となっておりますので、今回は”マグネシウム”についてお伝えします。

現代人のマグネシウムの不足

マグネシウムの約60%は骨に存在します。骨を強くするためにカルシウムを摂るイメージが一般的に認められていると思いますが、それと同じくらいマグネシウムは重要です。骨のためにとあなたがカルシウムを頑張って摂取すればするほど、余分なカルシウムを排出する際にマグネシウムが同時に出てしまい、体内にマグネシウムが残らなくなってしまいます。また現代人の慢性的な睡眠不足やストレスもマグネシウムを体内から排出してしまう大きな原因となってしまいます。さらに現代人の食生活ではマグネシウムの摂取がとても難しいといわれており、様々な要因が重なって現代人の多くがマグネシウム不足であるといことを理解しておく必要があると思います。

マグネシウムの働き

マグネシウムは体内の化学反応を助ける約300種類の酵素の働きを維持する上で重要な栄養素です。ホルモンの分泌、体温調節、神経機能など代謝系作用全般に影響を及ぼします。体内のマグネシウムが不足しだすと60%も保有している骨から補おうとし、その際カルシウムも同時に流出するといわれています。高齢者の骨粗鬆症などの原因はマグネシウム不足も原因の一つといわれています。マグネシウムとカルシウムの不足は血管を細くしてしまい、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞なども引き起こす可能性が示唆されており、慢性的な不足は多くの疾患を誘発するという研究結果も報告されてます。大切なのはカルシウムとマグネシウムを良いバランスで摂取することです。この二つの栄養素は相関関係が強いため、一緒に考えるといいでしょう。

カルシウムとマグネシウムの1日の摂取量

カルシウム

1,500mg

1200mg

マグネシウム

500mg

400mg


3行まとめ

マグネシウムの約60%は骨に存在する

マグネシウムは約300の酵素の働きに関与している

マグネシウムはカルシウムと一緒バランスよく摂取する

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。