【それじゃ痩せない!!】脂肪燃焼のメカニズムを理解して、ダイエットを成功させろ!!

あなたはどうすれば脂肪が燃焼されるかご存知ですか?これを読んでいるってことは知らないってことですよね。まさか、既にダイエット始めちゃってないですよね??ダイエットする人であれば、一番最初に理解しくおく必要があるのですが、脂肪燃焼のメカニズムを知らずに始めちゃう方が多いです。”運動すれば痩せるんでしょ??”、”食事を抑えれば痩せるんでしょ??”と思っていませんか??脂肪の燃焼は条件が揃わなければ行われません。無駄なく、最短で脂肪を燃焼させられるように、この内容は必ず理解しなくてはなりません。 

脂肪とは

人間は食べた物からエネルギーを得て生命活動を行っていますが、余分なエネルギーは体に脂肪として貯蔵する性質があります。なぜなら、栄養が不足した時のためにエネルギー源を貯蔵していた方が安心ですし、何かしらのダメージから内臓を守る必要があるからです。これらの機能は今でこそ必要性を感じないかもしれませんが、人間の進化の過程では非常に重要な性質でした。しかし、残念なことに人間はそこまで都合が良くなくて、「過剰な脂肪分は体外に排出する」という機能が備わっていないため、皮膚を伸ばしてでも脂肪は蓄積を続けます。

脂肪燃焼のメカニズム

体に蓄えられた中性脂肪はグリセロールと遊離脂肪酸に分解されます。その後、遊離脂肪酸が血液を通って細胞まで行き、酸素と結びついてエネルギーに変換されます。このエネルギー放出時に水と二酸化炭素に分解されて体外へ排出されます。この流れを脂肪燃焼といいます。しかし、このメカニズムが発動するには3つの条件が不可欠です。

発動条件①|糖(グリコーゲン)を枯渇させる

人間の第一エネルギー源は糖です。糖が使われているうちは脂肪がエネルギーとして使われることはありません。

発動条件②|適量以上の脂質を取らない

糖を枯渇させて、”脂質をエネルギー源にするぞ!!”と体が脂肪を使う状態になっても、中性脂肪をわざわざ分解しなくても、血液中に脂質が足りていれば中性脂肪が燃焼することはありません。

発動条件③|負荷をかける

条件①と②を達成しても、組織がエネルギーを欲しなければ脂肪は分解されません。そのため条件①と②を達成した状態で、体に何らかの負荷を与え、エネルギーを要求させなければなりません。それが運動になります。

脂肪燃焼を成功させるポイント

①筋トレ→有酸素運度
筋トレは糖がエネルギー源となり、多くの糖やグリコーゲンを消費します。筋トレで体内の糖やグリコーゲンを減らせられたら、有酸素運動を始めるとすぐに中性脂肪を分解してエネルギー源とします。

②空腹での有酸素運動
就寝中は栄養摂取ができない上に、睡眠中にも糖やグリコーゲンを使っているため、起床後は中性脂肪を燃焼させるチャンスです。起床後でなくても昼ご飯を食べてから、普通に活動していても糖はエネルギーとして使われているので、夜ご飯の前の空腹状態で有酸素運動をしても中性脂肪を分解するチャンスです。

③糖質を少なめの食生活
そもそも糖の摂取を減らせば、中性脂肪を分解するチャンスが増え、脂肪燃焼の機会が増えます。無理は禁物ですが、体調に合わせて取り組んでもみても良いかもしれません。

3行まとめ

①エネルギー源を枯渇させて中性脂肪を分解させる必要がある

②分解させた中性脂肪を有酸素運動などでエネルギーに変換させる必要がある

③最終的に中性脂肪は水と二酸化炭素となって排出される

脂肪燃焼を助ける商品

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。