筋分解を起こす?コルチゾールってなんだ!

”コルチゾール”って知ってますか?筋トレをする人であれば一度は聞いたことがあり、悪い印象を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ストレスホルモンといわれ、適量のコルチゾールは体内の炎症を発見して鎮めてくれたり、血糖値を一定に保って脂肪をエネルギーに使うサポートをしてくれたりと体にとってはとても大切なホルモンです。しかしコルチゾール値が高すぎると問題も出てきてしまいます。今回は筋肉に対してどのようなデメリットがあるのかを解説したいと思います。

コルチゾールによる異化作用

コルチゾールはストレスによって分泌されますが、一言で”ストレス”と聞くと心理的なものを想像する人がほとんどだと思います。しかし精神的、心理的なストレスだけではなく、痛み、疲労、睡眠不足、空腹などありとあらゆる状況のストレスに反応します。コルチゾールが急激に分泌されて量が増えると脂肪を燃焼する良い効果を発揮しますが。慢性的なコルチゾールの上昇は脂肪の燃焼を抑え、脂肪を体に溜め込んでしまいます。そして、慢性的なコルチゾールの上昇が続くと筋肉を分解して、エネルギーを作り出そうと働いてしまい、育ててきた筋肉を小さくしてしまうことがありあす。

慢性的なコルチゾールが上昇する理由

高強度の筋肉トレーニング。長時間の筋肉トレーニング。高頻度のトレーニング。食事制限。休息不足や睡眠不足。これらが続くと慢性的にコルチゾールが上昇してしまうことがあります。頑張れば頑張るほど心身にストレスが掛かり、コルチゾール値が高く、筋肉の分解を起こしてしまうことがあります。以前はコルチゾールの急上昇が筋タンパク質合成を邪魔をするというのが定説でしたが、それは否定されつつあるので、慢性的なコルチゾールの上昇が筋タンパク質合成の邪魔をすると理解しておくと良いと思います。

コルチゾールを抑えるために

ストレスを溜めないことがもっとも効果的です。オーバーワークにならない、しっかりと休息を取るなどが一番大切です。また、しっかりとした食事を取るというのも意識しましょう。エネルギーの枯渇は脂肪を蓄えたり、脂肪をエネルギー源とする邪魔にもなります。

3行まとめ

慢性的なコルチゾールの上昇は筋肉を分解する

ストレスはコルチゾールの天敵

食事もしっかり取る

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。