筋肉痛に振り回されるな!?

とても多くの人が自分のトレーニングの評価として”筋肉痛”を指標にしているのではないでしょうか。あなたも筋肉痛の度合いでどれだけ追い込んだトレーニングができたかをジャッジしていませんか?不思議なことに筋肉痛と筋肥大、筋肉の成長に因果関係はないと頭で理解していたとしても、筋肉痛の有無を確認してしまいます。実際に上級者でも気にする人が多いです。今回はトレーニーが大好きな筋肉痛についてお伝えします。

筋肉痛はどうして起こる?

運動不足、慣れない種目、高強度のトレーニングなどを行うと発生する筋肉痛ですが、筋肉痛になるということが当たり前のことすぎて、そのメカニズムまでしっかり理解している人はいないのではないでしょうか。しかし、あなただけではないので安心してください。医学が発展した現代においても、筋肉痛の発生メカニズムは解明されておりません。昔から様々な仮説が立てられて研究はされてきたのですが、どの仮説も証明されておらず、色々な要因が複雑に絡み合って筋肉痛が起きているのではないか、としかいえないようです。

筋肉痛は求めない方が良い?

筋肉痛が来ないと不安になり高強度のトレーニングを長時間やってしまう人がいますが、筋肉痛は筋肥大や筋肉の成長に必ず必要な訳ではありません。筋肉痛を求めるばかりに、筋肉痛を超えた肉離れのような炎症に発展してトレーニングができなくなってしまうこともあります。これだと本末転倒です。重量挙げの選手が毎日のように練習しても筋肉痛にはならないのに記録を伸ばしていることを考えると、筋肉痛が来ないと筋肉が成長しないと考えることは正しくないと分かるのではないでしょうか。怪我をしないのはトレーニングの基本中の基本です。

筋肉痛を早く消すために

筋肉痛の時は追い込むようなトレーニングをしないというのが大切です。しかし、全くやらない方が良い訳ではなく、血流が良くなる程度に筋肉を刺激してあげることは筋肉痛の回復に有効だといわれています。血流が良くなると、栄養が筋肉痛が起きている部位に行き渡るため回復が早くなると考えられています。またアミノ酸の一種であるグルタミンも筋肉回復に有効であるといわれているのでお試しください。

3行まとめ

筋肉痛=筋肥大ではない

筋肉痛のメカニズムは未だに不明

筋肉痛にはグルタミン

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。