【詐欺!?】部分痩せはできません!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d91fdff3-red-and-white-stop-road-signage-1411397-1024x683.jpg

人間は”嘘のような本当の話”よりも”本当のような嘘の話”の方が信じてしまう傾向にあります。今回のタイトルにある「部分痩せ」についても”本当のような嘘の話”なのですが、信じている方は非常に多いです。「腹筋したらお腹の脂肪って落ちるよね?」「胸とお尻の脂肪は残して、足だけ細くするにはどうすれば良いの?」このような疑問を持たれていませんか??疑問を持つのは良いのですが、困ったことに「部分痩せ」を謳ってビジネスをしている人がいます。あなたが騙されて被害者にならないように、これを読んで正しい情報を習得してください。

脂肪の役割

体脂肪には主に2つの役割があります。一つはエネルギー源が枯渇した時のために、体内にエネルギー源を貯蔵しています。二つ目は外部の衝撃から人体を守る役割です。人間で最も重要な部分である脳は頑丈な頭蓋骨に守られており、心臓は肋骨に守られています。しかし、お腹と背中の間にある各内臓は頑丈な骨で守られていません。それらを守る役割が脂肪です。

脂肪が付く部位の順番

脂肪は人体を守る役割があるため、基本的には人間に重要な部位から脂肪がついていきます。脳と心臓の次に大切な内臓を守るために、背中とお腹に脂肪が付きます。その後、体の中心部(お腹と背中)から指先などの先端に向かって徐々に脂肪が体全体に蓄積されて行きます。ただ、細かい脂肪の付く順番は人によって異なります。体重が10kg増えても顔に出ない肥満の方もいれば、3kgしか増えてないのに顔を見て「ちょっと太った?」と聞かれる人もいます。中にはお腹だけずーっと肥大化し続ける人もいらっしゃいます。このように脂肪の付く順番や付き方は個人の体質によって様々ですが、原則は体の中心部(お腹と背中)から指先などの先端に向かって脂肪が付きます。

脂肪が落ちる部位の順番

基本的には、前述した”脂肪が付く部位の順番”の逆が痩せる順番になります。例えば、お腹→背中→お尻→太もも→胸→肩→顔→二の腕、このような順番で脂肪が付く体質の方がダイエットを始めると、二の腕→顔→肩→胸→太もも→お尻→背中→お腹の順番で痩せて行きます。生物学的に脂肪は内臓を守る”盾”の役割があるため、最後まで内臓を守る役割のある”盾”を残すのは合理的な人間の特性です。この理にかなった生物学的な人間の特性を超えて、「部分痩せ」を実現することはできません。

「部分痩せ」するにはどうしたら良いのか

どうしても痩せたい部位がある人は、残念ですがその部位の脂肪が燃焼するまでダイエットを継続する以外に方法はありません。「◯◯の脂肪燃焼を加速させるマッサージ」や「下半身痩せを実現するトレーニング法」など、嘘の情報で集客をするお店はたくさんあります。お金の無駄ですので絶対に行かないようにしましょう。

3行まとめ

①部分痩せは不可能

②お腹周りを中心に、指先などの先端に向かって脂肪は付いていく

③脂肪が付く順番と逆の順番で脂肪は落ちていく

ダイエットにオススメの商品

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。