飲み会が多いシーズンの乗り越え方を伝授!

鍛えている方、ダイエット中の方、普段から節制している人であれば必ず頭を悩ませるのが”飲みの誘い”ですよね。意外かも知れませんが、鍛えたりダイエットしたりする人の多くはお酒やジャンクフードが好きです。ボディビルダーやスポーツ選手にお酒好きが多いのは結構耳にします。普段であれば飲み会に喜んで行く人も、減量中の場合はとても悩みますよね。相手によっては絶対に行きたい飲み会もあるはずです。そんな時に気持ちよく行けて、飲み会中に安心して食事ができるように、飲み会での乗り越え方をお伝えしたいと思います。

脂質を控える

外食で最も気にしなければならないのは脂質です。外食は特に油を使った料理は危険ですので極力控えなければなりません。脂質は質量の割にカロリーが高い上に、外食で利用される油は脂肪になりやすいです。これを聞くと「思っていた通りだから大丈夫そう!」と仰る方が多いと思いますが、揚げ物に気を使っていればいいと思っていませんか?脂質は揚げ物だけではありません。例えばポテトサラダ、とんぺい焼き、もんじゃ焼きなどの料理は脂質が高いです。居酒屋などには揚げ物でなくとも気をつけなければならないメニューがたくさんあるので注意が必要です。

糖質を控える

糖質は食べすぎない限り中性脂肪になってしまう心配はありませんが、脂質と組み合わせるとかなり危険です。激太りします。しっかり食材や調理方法を知っておかないと、糖質と思っているものでも脂質が多く含まれていることがあります。例えばチャーハン、焼きそば、たこ焼きなどは糖質+脂質の危険なメニューです。糖質で血糖値が上がってインスリンが分泌されることと、脂質という中性脂肪になりやすい食事を組み合わせるとデブまっしぐらです。食べすぎてなくても脂肪に変換されやすい食べ方となっているためカロリー以上ダメージを与えます。また糖質で血糖値が乱れると空腹を感じやすくなるため注意が必要です。

何を食べるのか

飲みの場ではタンパク質をひたすら食べるのがベストです。言わずもがなですね。以下が食べても良い優先順位です。

  1. タンパク質
  2. タンパク質+糖質
  3. タンパク質+脂質
  4. 糖質
  5. 脂質
  6. 脂質+糖質

焼き鳥や低脂質の刺身などがオススメです。

3行まとめ

脂質は摂るな!

脂質+糖質は危険!

焼き鳥か刺身た良い!

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。